【最強】電動オナホールおすすめ人気ランキング!自動オナニーが実現w

アダルトグッズは、便利で性能の高いものに変わり、オナホールは手動から電動へと移っています。

特に電動オナホールのメーカーや製品を選ぶときは、重視するポイントを見極めるのが大切です。

最近は安い中国製品も増えており、電動オナホールに対する正しい知識と製品の見極めが重要となってくるでしょう。そこで、初めて電動オナホールを使用する方にもおすすめできる人気の電動オナホールを紹介します。

電動オナホールの特徴

まずは電動オナホールの概要や種類、メリットなどについて説明します。

電動オナホールとは

そもそも電動オナホールはどのようなアダルトグッズなのでしょうか。電動オナホールとは、電気式で動く自慰行為補助アイテムのことです。

製品の振動や回転にモーターを動かすための電動の仕組みが採用されており、電池が内蔵されています。よくあるタイプでは、USBから充電してバッテリーの電力を維持する方法が使われます。

メリット

電動オナホールを使うメリットは、何といっても得られる快感が手動オナホールとは全く別次元のものということです。

手で生み出せる動きは上下のシンプルなものに過ぎません。しかし、電動オナホールでは上下動以外の刺激も作り出すことができるのです。

手動と電動の違い

手動オナホールと電動オナホールでは自慰行為中の手間が異なります。

手動では上下に動かす動きを手の筋力によって行いますが、電動オナホールでは上下動や細かい振動、回転などを電動で再現します。そのため、手を動かさなくても使えるのが特徴です。

電動オナホールの種類や方式

電動オナホールにはいくつかの種類があることで知られています。そのため、どのような刺激を再現するのかで、方式別に製品が生み出されています。

・ピストン方式
・回転方式
・振動方式
・吸引方式

まず、上下動を再現するのが「ピストン方式」です。内部が二重構造になっていて、包み込むホールの部分が自動で上下に動きします。性行為本番に近い動きのため、この方式を愛用する人も少なくありません。

次に、ホール内部が左右の円運動をするのが「回転方式」です。洗濯機や掃除機をイメージするとわかりやすく、「サイクロン方式」などとも呼ばれています。

3つ目の「振動方式」では、一定間隔の振動をブルブルという音とともに発生させる種類です。いわゆるバイブと呼ばれる製品と似た仕組みが使われています。ペニスを包み込んだ跡に自動で振動を起こすため、長時間使うことができます。

最後は「吸引方式」、別名「バキューム方式」です。これは真空のバキュームを擬似的に再現して、密着性や圧迫する感覚を生み出します。

失敗しない電動オナホールの選び方

電動オナホールに対する理解が深まったところで、今度は選ぶときのポイントについて取り上げます。

方式

まず押さえたいのが方式で選ぶことです。ポイントとしては、どんな刺激を求めているのかを「ピストン方式」「回転方式」「振動方式」「吸引方式」を比較して、自分にあったものを選択しましょう。

リアルな正常位セックスなら「ピストン方式」、舌による刺激の際限なら「回転方式」、弱くて心地のよい刺激なら「振動方式」、口や陰部の搾り取るような刺激なら「吸引方式」と言った具合です。

機能性

電動オナホールには製品によってさまざまな機能が付属しています。

代表的なものでは、保温機能のついた製品や振動の強さ・パターンを変えられる機能の製品(「振動方式」に多い)、装着することで台に固定することができる機能などです。人肌の温度で使いたいという場合には機能性も重要になってきます。

サイズ

電動オナホールでは特にサイズが快感・不快を大きく決める要素となります。

きつすぎて電動で強制的に動くとただ苦しいだけになり、逆にゆるいと刺激が弱すぎて使い物にならないのです。

ペニスは長さや太さが人によって異なるため多少は仕方なくても、製品のサイズをなるべく確認してジャストフィットするものを選ぶことを諦めないことです。

値段・製造元

通常のオナホールに比べて電動オナホールは割高です。手動オナホールで安い物は2,000円を切りますが、電動だと安い中華製でも3,000~4,000円はします。

もちろん、中華製の安物は機能が単純で部分的にしかカバーしないものも多いため、おすすめできません。

まともな電動オナホールの相場としては1~2万円程度です。安い中国製品はどれも同じような品質しかありません。高品質・高級な電動オナホールは3~5万円します。できるだけ安すぎず高すぎない製品を探しましょう。

パッケージ

最近オナホール全般で増えているのがパッケージに人物(イラストやAV女優)をプリントしたものです。

電動オナホールでもパッケージが出てきており、選択肢とするのは十分にありえます。気に入ったパッケージから選ぶというのも好みや趣向が強く影響するオナニーでは重要なのです。

付属品

電動オナホールには、振動をスタートさせるスイッチが存在しています。そのため、付属品の中にリモコンが付いている製品もあります。

落ち着いて自慰行為をしたい人にとってはリモコンの有無は重要です。回転や振動パターン、その強弱などをリモコンから変更可能なことは自慰に集中できることを意味します。そのため、付属品は製品にとって大事な要素でもあるのです。

購入時は、すべての付属品が揃っていることを確認します。USBの充電線がきちんと入っているか確かめておかないと、実際に使おうとしたときにスイッチが入らないということにもなりかねません。電動オナホールは電気がないと動かないことを忘れてはなりません。

レビューの良さ

どれだけ製品の性能が良くても、個人の感覚によって大きく異なってしまうのが電動オナホールです。機能が付いて振動のパターンが豊富でも買ってみると「いまいちだった」ということもありえます。

そこでチェックしたいのがレビューです。レビューにはメーカー側の宣伝アピールではなく、個人の使用感が記されているため、選ぶときの参考にできます。

実際に使ってみないとわからないデメリットもあるため、商品説明だけを見て買うよりレビューも見てから購入するほうが失敗を減らせるでしょう。

VR連動

ここ最近で登場した製品の中にVR連動と呼ばれるタイプのものがあります。これは、電動オナホールそのものの種類で方式分けがされているのではなく、名前にあるようにVRで視聴するAVに連動して動作する製品の総称です。

自慰行為とAVの没入感を強めることのできる数少ない方法です。専用アプリとVR、そしてVR対応のAVをよく視聴する方にはおすすめです。

【最強】電動オナホールおすすめ人気ランキング!

ここでは、人気の電動オナホール12選をピックアップします。

A10サイクロンSA+PLUS

まず人気として度々ランキングの上位に入るのが「A10サイクロンSA+PLUS」という電動オナホールです。回転方式(VR連動式)を採用し、21,000~24,000円程度で販売されています。

動きと強さが7パターンの7段階調整が可能で、なおかつ静音設計です。VRの映像と合わせて連動させることができる数少ない製品でしょう。

A10ピストンSA

ピストン方式の人の動きをリアルに再現したのが「A10ピストンSA」です。オナホでセックスを追体験したい方におすすめです。

ゆっくりとした動きから早い動きまであり、動作音も静かです。アプリとの連携が可能な製品として映像と連動して使うために購入する人も多いでしょう。価格は少々値が張って4~5万円です。

A10ピストンBASIC

シンプルさを重視して、ゆっくりな動きを再現したピストン式の電動オナホールです。フェラチオのようなねっとりとした動きが絶頂へと導きます。他製品のような刺激と動きのパワフルさだけを追い求めないことが魅力です。静音設計のため静かな場所でも音が目立ちません。

ただし、A10ピストンに比べて動作パターンが少なく、AVなどの動画連携もできないという欠点があります。もちろん、初めから劣化バージョンとして開発・製造されたため、価格はその分だけ安い2万円前後です。

シンクロ

VR連動と回転式・ピストン式の両方が楽しめる電動オナホールが「シンクロ」です。12種類に4つの動きをかけ合わせ、左右の回転を切り替えて使うことができます。

遠隔操作も可能で、オンラインで相手が使えるなど幅広い使用方法が特徴です。先の2製品と比べて安く、価格は1.5万円前後です。

Suck-O-Mat フェラターボ

ピストン式と吸引式が合わさったのが「Suck-O-Mat フェラターボ」です。電動オナホールとしては珍しい吸引式が採用されており、エアポンプによる吸引と上下動が魅力の製品です。

海外製でありながら価格は4万円前後と本格的な製品であることが分かります。です。強力なバキュームの製品を探している方にはおすすめです。

NLSピストン

シンプルな構造で誰でも使いやすく、ピストン式が特徴の「NLSピストン」です。使い方の簡易さに定評があり、ダイヤル式の電動オナホールという独特さがあります。

操作方法は回すだけなので基本的に迷うことがありません。機能が複雑な製品の中には強弱を変更するためにボタンを秒間隔で押すタイミングを変えるなどして切り替えがわかりにくいものがあり、使いこなすために時間がかかるというケースもあります。

この製品にはそういった難しさは一切なく、ダイヤルを回すだけで強力なピストンを再現してくれるのです。価格は1万円前後です。手頃な価格で動作のしっかりしたピストン方式を探している方におすすめです。

激震!オナリズム

「激震!オナリズム」はその名の通り、振動式の電動オナホールです。5種類の振動から変更できて、刺激は強めることができます。

しかし、本格的なものと比べると品質が保証できません。価格が安く中国製ということもあり、5,000円ほどで販売されています。ただし、安くてとにかく振動する電動オナホールが欲しいという人にはぴったりです。

テンガ ジャイロローラー

日本で手動オナホールといえばTENGAの名前があがります。「テンガ ジャイロローラー」はその電動オナホールバージョンです。回転方式が採用されており、手の傾きで回転方向と回転速度を調節できるというオリジナリティあふれる製品です。

この製品には本体カップは付いておらず、1,000円前後の手動オナホールと一緒に使います。普段からTENGAを利用している人にはおすすめです。価格は1万円前後です。

U.F.O. SA

この製品は、電動オナホールならぬ電動乳首バイブ(チクニー)の「U.F.O. SA」です。乳首への刺激は女性だけでなく男性でも開発すれば快感に変わるため、オナニーやアナニー以外の方法として注目されています。A10ピストンなどの製品を世に送り出してきたRENDSというメーカーが、技術を総集して作り上げた乳首の刺激でイクためのグッズです。

この電動オナホは振動式のバイブとして両胸を同時にカバーできる設計です。電力の供給には充電式を採用しています。カップの形状が胸にフィットしやすく、シリコンの密着性が実感できる仕様です。高品質な製品のため、価格は2万円程度します。

絶頂!爆転フェラボンバー

回転方式でフェラチオを再現する電動オナホール「絶頂!爆転フェラボンバー」です。ビジュアルは無機質な印象ですが、実用性のほうはしっかりとしており、低速でも動きの止まらない強力な回転力が魅力です。

機能には快感を高める「ランダムモード」が搭載されています。これにより、本物の舌で舐め回されられているような快感を得られ、さまざまなフェラチオのバリエーションを試すことができます。値段は8,000~1万円と品質とのギャップがあるのも特徴的です。

エレクトリックディープ

カップとローターが一体となった振動式の「エレクトリックディープ」です。振動式にもかかわらずカップの吸着でバキュームのような刺激を得られます。吸引式が機能として付いていなくても電動オナホールとしての快感は十分に増すでしょう。

振動パターンは12種類もあり、初めて振動式を使う予定の人にはおすすめです。YouCupsという海外ブランドで販売され、価格は3000円程度とかなりコストパフォーマンスの良い製品です。オナニー新しい刺激を求めたいときに楽しめることでしょう。

チュパリズム

女性がオナニーなどで利用する電マに匹敵する刺激を与えてくれると評判の電動オナホが「チュパリズム」です。振動式と吸引式の2つが同時に作動する仕組みです。使用時の感覚をフェラチオに近づけるべく、ヒダによるリアルな口内を再現しています。

振動は12種類の中から切り替え可能です。さらに保温をする「ヒートテック機能」が付いているため、内部が温かいまま使えます。価格は据え置きの8,000円ほどです。ただし、連続で使用できる時間が1時間に満たないため、長時間の使用を考えている人にはおすすめできません。時間をかけず、すぐ抜きたいという人にはおすすめです。

電動オナホールを使い自動オナニーしよう!

今回は電動オナホールの特徴や選ぶときのポイント、おすすめの製品などについて紹介しました。

手動オナホールでは決して得られない動きやその刺激を味わうことができるのです。この記事を参考に、電動オナホールを実際に使用してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です