【男女別】掃除機オナニーのやり方と注意点、危険性を徹底解説!

普通のオナホールや手コキでは刺激が足りず、バキュームフェラを味わいたい。そんなときに一部の人に積極的に使われているのが掃除機オナニーです。

掃除機オナニーをする人は全体的に少ない特殊な方法と認知されていますが、刺激が強く強力なバキューム体験を味わえるため、刺激を求める人にとって掃除機オナニーが定番ともなっています。

そこで今回は、掃除機オナニーの魅力ややり方、注意点、危険性などを紹介します。

掃除機オナニーとは?男女共に気持ちいい魅力あり

掃除機オナニーは、掃除機に性器を吸わせて使用するオナニー方法です。男女両方に使えるオナニー手段としてオナホの代わりに使える珍しい方法でもあります。ここでは、男女別の魅力をお伝えします。

男性の場合はバキュームフェラや亀頭責めが味わえる

男性が掃除機オナニーをする目的は、主にバキュームフェラや亀頭責めを体感するためです。

バキュームフェラは風俗や電動オナホールを使うくらいしか方法がないため、従来のオナニーではなかなか経験する機会が少ないのです。

しかし、強力なバキュームフェラを掃除機によって再現することで、ただの手コキや普通のオナホールでは決して体験できないほどの快感を味わえるのです。そして、あまりに強力なバキュームに女性の口フェラや電動オナホールよりも気持ち良いと感じる人もいるくらいでしょう。

また、ペニス全体ではなく、亀頭部分だけを吸い込めば、亀頭責めを味わうことも可能です。吸い込む力だけでなく亀頭を撫でる空気がよい感じに皮膚に触れて、刺激を与えてくれるのです。

女性の場合はクリトリス吸引が体感できる

女性はオナホールが使えずバイブや電マ、ディルドなどのアダルトグッズを使い積極的に刺激を与えるのが一般的です。しかし、掃除機オナニーでは男性だけでなく女性もオナニーの際に使えます。

基本は掃除機のバキューム力でペニス同様に女性のクリトリスを吸引して刺激することです。陰部突起が少ない女性はクリトリスや乳首くらいしか吸う部分がない無いというのもあります。

グッズの中には吸引系のおっぱい吸引グッズなどがありますが、掃除機の吸引力に比べればかなり強い刺激を与えられるでしょう。また、女性の中には稀に、掃除機のノズルを膣内に入れて吸引するなどのケースもあります。

男性編:掃除機オナニーのやり方

まずは男性の掃除機オナニーのやり方を手順にそって紹介します。

(1)掃除機や必要なものを用意する

掃除機オナニーを始めようとして、掃除機だけ準備する人もいますが、それでは不十分です。まずは、実践する前に必要なものを用意します。

基本的には、掃除機に加えて「ティッシュ」や「タオル」です。万が一射精したときに拭き取るものを用意しておきます。

思わず射精してしまった場合に、ティッシュだけだと掃除機に吸い込まれて詰まって大変なことになるので、掃除機の吸引力では吸い込まれないタオルや布もあると万全でしょう。

(2)勃起前のペニスを掃除機のノズルに吸い込ませる

準備ができたら、勃起時よりも勃起前のペニスをスイッチの起動した掃除機のノズルに吸い込ませます。このとき、吸い込ませる掃除機の吸引力の強さを操作しながら最適になるようにします。

強すぎないように、最初は「弱」などに調節して少しずつ吸引力を高め、快感を得られるところにスイッチの強弱を固定するのがベストです。

(3)ノズルを前後左右に動かす

掃除機がペニスを吸うと次第に勃起します。その後、掃除機のノズルを動かして、ペニスに刺激を与えます。

理想は、フェラチオのような動きを手で再現することです。バキュームである程度は刺激を与えられるため、強く動かさなくても軽く動きを真似るだけで十分な刺激となるでしょう。

(4)射精感のある段階で終了する

掃除機オナニーはオナホのように内部で中だしするのではなく、吸引を射精直前で止めて快感だけを味わうのがセオリーです。

射精は後で手コキや別途用意したオナホールなどを使い行います。あくまでもバキュームの快感を味わうために使用することで、射精はせずとも気持ちよい体験となるでしょう。

女性編:掃除機オナニーのやり方

今度は、掃除機オナニーをする女性がするときのやり方についてです。男性とは吸い込ませる部位が異なる女性の手順を紹介します。

(1)掃除機や必要なものを用意する

男性編と同じで女性の場合も掃除機以外に必要なティッシュやタオルを用意します。男性のように射精はしませんが、愛液や潮吹きがあるため、それを拭き取るためのアイテムです。

(2)クリトリスにノズルを合わせて吸引する

女性の性感帯としてオナニーでよく使われる部位クリトリスを吸うことが基本です。そのため、吸引力を調整しながら、クリトリスのバキューム具合がベストになるところに切り替えてスイッチの強弱を固定します。

いきなり強い力でクリトリスを吸引すると刺激が強すぎるため、弱い刺激から始めましょう。この点は男性のペニス吸引と同じ要領です。

(3)前後や上下に動かす

クリトリスを吸う場合、そのまま吸引し続けて断続的な刺激を与えるのもよいですが、近づける・遠ざけるの動きを加えて、刺激に緩急をつけることもできます。

前後に動かすことでクリトリスをこすりつけるような刺激を与えられるため、気持ちよくなれるように動きを工夫してみましょう。

(4)絶頂する前に終了する

掃除機オナニーのやり方は女性の場合も男性と同じで、絶頂する前にスイッチを切るか、オナニーそのものを終了します。あくまでも吸引力による刺激を味わうための方法と割り切って使いましょう。

掃除機オナニーするときの注意点

やり方が分かったところで、気になるのは掃除機を使用することに対しての注意点です。そこで、以下に5つの注意点を説明します。

掃除機はアルコール消毒してから使用する

掃除機オナニーは、日常的に掃除用具として使用する掃除機をオナニーグッズとして代用するため、デリケートな部分や粘膜に使用することを前提としていません。

使用済みの掃除機を利用するときは、アルコール消毒してから使います。それもスプレータイプのアルコールを吹きかけてただ染み込ませるのではなく、拭き取りによる除菌や汚れを落とすブラシなどを同時に使用します。

その菌やカビの中には、アルコールでは殺菌しきらないものや耐性のあるものがいるため、汚れともども一緒に菌やカビを落としてしまうのが手っ取り早いのです。

アルコールは多くの菌やウイルスに対しては吹きかけるだけでも有効なため、使用頻度の少ない(あるいは、普段からまめに掃除をしている)きれいな掃除機のノズルには、使用する前に振りかけて殺菌・除菌するだけでも大丈夫です。

体液やローションは吸わせない

掃除機はほぼすべての製品で水気のあるゴミを吸ってはいけないという注意書きが説明書などでされています。そのことから、体液やローションは絶対に吸わせてはいけません。
故障として危険性の高いものは、水気を吸うことによる漏電や発火による事故です。ところが、水分のあるものを吸わせるとすぐに故障するわけではありません。そのせいで、どうしてもこの注意点を甘く見がちな人もいます。

しかし、体液やローションは単純な水の液体や少し水気を吸っただけのゴミとは違い、それ自体がすぐに腐敗して、異臭を放ちます。故障はしなくても掃除機が異臭で使い物にならなくなるのでは、今度は掃除をするときに困るでしょう。

したがって、水分のある体液やローションをそのまま吸い込ませないことを守り、コンドームを付けるなどして我慢汁などの吸い込みをも防止したうえで正しい方法で掃除機オナニーをすることが大切です。

音に気をつける!

掃除機オナニーの最大の欠点が、周囲に撒き散らす音です。掃除機は普通に使用しているだけでも結構な音が響きますが、中に詰まったときはさらなる異音がして、相当な騒音レベルの音を発します。

これは掃除機オナニーをした場合も同じで、非常に大きな吸い込み音とモーター音がするのです。そのため、早朝や深夜、家族がいる時間帯や休日には掃除機オナニーをするのが難しいといえます。

一応、音の対策としては吸引力の弱い小型のハンディタイプの掃除機を使用することとされます。

ただし、布団の中などで音を隠すということはできません。なぜなら、掃除機を動かし続けるには周囲の空気の流れがないといけないためです。布団の中で掃除機を起動すると出入り口両方が詰まって故障の原因となるため注意して掃除機をオナニーに使いましょう。

吸引を強くしすぎない

掃除機はある程度の重さのあるゴミでも吸い込ませられるように、強力な吸引力をもたせています。特にスイッチ部分の強弱によって最大の強さは、かなりの吸い付きパワーとなります。

「強い」ということは「刺激が大きい」ということでもあるため、それが痛みとなってペニスやクリトリスにあらわれます。そのため、ペニスを吸い込ませる、クリトリスに当てるなどの場合に、吸引力を強くしすぎないことが大切です。

玉袋を吸わせないようにする

男性の場合、オナニーのときにペニスだけでなく玉袋を刺激するケースもあります。しかし、玉袋はペニスと違い、つないでいるのが皮とわずかな細い部位のみです。

掃除機で吸わせてしまうと、股間からもぎ取られるような痛みを感じます。感覚的に、手で思いっきり玉袋を引っ張るようなものです。

ペニスは勃起すれば先端から根本まで多少吸われても問題ありませんが、玉袋は繊維や内部が断裂するリスクがペニスよりかなり高いと考えましょう。

掃除機オナニーの危険性は頭に入れておこう

最後に注意点に加えて掃除機オナニーする場合の2つの危険性を取り上げます。

雑菌による感染症

掃除機オナニーは、家中のさまざまなものを吸い込む過程で多くの雑菌が付着します。菌は目に見えないため、一見きれいにみえても菌に汚染されているということは十分にありえます。

つまり、雑菌による感染症にかかるケースも稀にあります。性病は性器の粘膜接触だけでなく、こういった不衛生な製品を使用することによる感染もあるのです。

性器の損傷

掃除機はバキュームの力でオナニーしますが、専用のオナホールのように力加減や吸い付き具合が調整されておらず、安全装置もありません。ようするに、一時的にでもペニスを強引に引っ張る行為は、性器の損傷を招くことがあるのです。

例えば、繊維断裂の危険などがあります。断裂すると、射精機能どころか、ペニスの機能に障害が出てしまうレベルの損傷です。場合によっては手術を必要とすることもあります。

また、掃除機はオナホールのように柔らかい素材ではできていないため、勃起したペニスが硬いノズル部分にあたって怪我をしてしまうケースもあるでしょう。オナニーの前に、必ずこれらの危険性を頭に入れておくことが重要です。以上を参考に、危険性を理解したうえで実践するかどうか決めましょう。

まとめ

掃除機オナニーは従来のオナニーグッズや手コキオナニーでは体感できない刺激を得られる数少ない手段です。

吸い付きによる強力なバキュームフェラやクンニ感をさらに増大した刺激が味わえます。それに、やり方は掃除機を吸込口に当てて動かすだけと、誰でも簡単に取り組めます。

しかしながら、体液やローションを吸わせることができず、音にも注意しなくてはなりません。危険性として感染症や性器の損傷のリスクも考慮したうえで、自己責任で行うことが求められます。

これから掃除機オナニーを実施したいと考えている人は、以上の注意点や危険性を踏まえたうえで、あくまで自己責任として行いましょう。