私たちの自己肯定感は、なぜ低いのだろう。


 

「自分に自信がないんです。」

「自分はどうしようもない、駄目な人間だと思います。」

 

大丈夫。

今の私たちは、自己肯定感が低く、自分に自信が持てなくても仕方がないのです。

その理由は、2つあると私は考えています。

 

まず1つは、私たちが自己肯定感が低くなるような教育を受けてきているためです。

 

両親からは、周りの迷惑とならないことを躾とし、「ちゃんとしなさい」と言われ、

学校では、協調性を強く求められる。その枠から外れ続けると特別支援学校へと言われる。

日本の高度経済成長期に築いた教育理論が、今尚根強くあるためでしょう。みんなで協力して1つのことを成し遂げる。そこから外れる人間が出ないように、躾やルールで縛り付け、規律を常に求められます。出る杭は打たれる。

近年、この教育理論も少しは変化してきていますが、

未だに、「輪」を重んじる日本の風潮に疑問を感じているのは、おそらく私だけではないでしょう。

 

 

そして、2つ目の理由に、

インターネットとスマホの普及により、相対的に不幸だと感じやすくなっているためです。

 

情報がリアルタイムでやり取りされ、他者の情報を知ることが容易になった今、否が応でも比較せざるを得ません。

自分が今、幸せであるか不幸であるかどうかは相対的な概念でしかないため、インターネットとスマホによって、私たちの自己肯定感は下がってしまうのです。

 

自己肯定感が低い原因は、他にもあるとは思いますが、

私は、今の日本ではこの2つの理由からだと考えています。

 

ですから、

あなたが自己肯定感が低く、自分に自信がないと思うのは、

仕方のないことだと言いたいのです。

 

しかし、それは今からでも変えることができます。

自己肯定感は、「自己肯定感の高い第三者」がいれば上がっていくのです。

その第三者となるのが、Agemanist(アゲマニスト)だと私は信じています。

自分を客観的に評価し、魅力をウリにして、サクセス思考を手に入れることさえできれば、自己肯定感は高くなると思います。

そうすれば、モテる。出世する。望みの人生を手に入れることができる。

 

今まで、自分に自信がないからと諦めていたことはありませんか?

大丈夫。自己肯定感を上げるって、そう難しいことではないのです。

 

<今日やろう!Let’s try!>

□ なぜ、自分が自己肯定感が低いのか、自分に自信がないのか、理解する

あなたにおすすめ