出会いがないから、僕、彼女ができないんです。


 

「出会いは、縁」ではない。

と『モテるカルテ』では考えています。

 

 

モテたい、彼女が欲しい、結婚したい

けど、

自分からは話しかけられない。

いい出会いがきっとそのうちあるだろう、

と待ちの姿勢では、女性との会話は始まりません。

自分から話しかけるなんて無理!

ではなく、

どうしたら"憧れのあの子"と

話すきっかけを作ることができるかを考えましょう。

 

 

出会いは、意識とちょっとしたテクニックだけ。

 

女性との接点をあなた自身が作れないから、

と出会いがないと諦める必要はないのです。

まず、初めは、女性を見かけたら、

よく観察すること。

女性とはどんな生物なのか、
その生態系を観察することです。

電車に乗っているとき、
"あの子"をよく観察する。

とにかく、観察をしてみてください。

そうすると、女性に対して、

少し抵抗感が薄れてくるはずです。

人間は、よく知らないものに対しては、

異常な抵抗感を持つような気がします。

 

女性を観察して、よく知ること。

そして、女性を観ることで、女性へのマインドブロックを外すこと。

これが、出会いを作る第1歩となると信じています。

 

 

では次は、

実際にリアルな出会いをするには、

どうしたらいいのか。

自分から話しかけるには、

心臓が縮み上がるほどの努力が
必要かもしれません。

例え、もしも あなたが意を決して

"気になるあの子"に

「あの、スミマセン。」

と声をかけたとしても、

 

"今"の女の子は

不審に思って警戒したり

気持ち悪がられたりして、

それからの話は聞いてもらえなくなる可能性が高いです。

 

 

 

じゃあ、どうしたらいいんだ!

向こうから話しかけてくれるまで待つの?!

いえいえ、それよりも、手っ取り早い方法です。

こうします。

 

 

「よいしょっと。んーー。(スマホを見ながら)」

と大きめの独り言で、相手に

あなたが隣にいることに気づいてもらうのです。

これが、女性と会話を始める上で、

最も自然で、簡単な方法だと私は考えています。

 

また、私自身も、

実はこのような男性の独り言を聞いて、

無意識に顔を上げて、

相手を確認することが多いと感じ、

この方法が効果的なのではないかと思いました。

 

また、これとは違った意味で、

私は普段とにかく大きい独り言で

相手に対して間接的に物事を伝えることが多いのですが、

直接言うよりも、相手に響くような気がしています。

 

 

これは、

もしかしてだけど、

もしかしてだけど、

心理学的な法則があるんじゃないのー。

・・・でも、まだそれに纏わる文献を見つけることが出来ていません。

もしお分かりの方がいらっしゃいましたら、

是非、教えてください。

 

◾️今日のポイントは、
『リアルに出会う前に、まずは観察する。

女の子と話すきっかけは、大きな独り言から。』

 

あなたにおすすめ