【高刺激】キツ系オナホおすすめ10選!締まりがキツイのが好みの方必見

通常のオナホを使用している人や手コキオナホでは締め付けが足りないと感じている人におすすめなのが「キツ系オナホ」です。しかし、キツ系オナホは締りが強くて高刺激なことに不安を感じる方もいるでしょう。

実は、キツ系オナホだからといって必ずしも刺激が強く、硬い素材が圧迫するというわけではありません。キツキツ感がありながら柔らかかったり、幼い未熟なマンコのように突起物が主張しすぎない低刺激なケースもあります。

そこで、キツ系オナホの魅力や選び方、おすすめ10選に使用時の注意点をまとめて紹介します。処女マンコのような締め付けの強いキツ系オナホを使用してみたいという方はぜひこの記事をチェックしましょう。

即イキする?キツ系オナホの魅力!

キツ系オナホには通常のオナホやゆる系オナホなどでは得られないような独特の魅力があります。ここでは2つの魅力について説明します。

短時間での射精が可能

キツ系オナホの最大の魅力は、短時間で射精まで快感を高められるその圧迫感と擦れる刺激です。ゆる系オナホがゆっくり時間を使って射精するのだとすれば、キツ系オナホはさっと入れてすぐに抜くということが十分に可能です。

通常のオナホよりもキツキツ感を重視しているため可能なことです。即イキするほどのキツさがペニスを内部でギュッと搾り、射精感の気持ちのよさを下げることがありません。

時間がないときにも絶頂できるという刹那的な感覚を味わえるでしょう。素材の硬さのタイプを変えれば、ロリ系や大人の処女マンコなど感触の違いを実感することもできます。

処女、ロリ系のきついマンコを体感できる

普通のオナホでは緩くて満足できないという方におすすめなのがキツ系オナホです。刺激に慣れてしまった人がたどり着く境地には、内部構造とは別に素材そのものがまとわりつくような締めつけ感があります。

特にセックスのときガバマンコでは味わえない処女やロリ系といった属性のマンコがオナホで体感できるのはキツ系オナホだけです。最初は「きついかな?」と思ってあまり快感を得られなくても適度な刺激と締め付けがそのうち快感に変わるわる人も出てくるでしょう。

人によっては次第に、高刺激のハードタイプを求める場合もあります。そのため、特別なこだわりを持っていない人でもキツ系オナホは通常オナホに飽きたときのアクセントやスパイスとして十分に楽しめます。

キツ系オナホの選び方

キツ系オナホは、締まりがキツいからこそ、選ぶときは通常オナホールと異なる見方をする必要があります。ここでは3つの選び方について解説します。

サイズや素材タイプ(硬度)のチェック

まずキツ系オナホでチェックすべきは、オナホのサイズ感です。実寸サイズとして、本体の全長、幅、重量や膣道の長さ、入り口の直径などを確認します。そのうえで、素材のタイプ(ソフト/ハード)も合わせてチェックします。その際、感触がハードタイプかそれともソフトタイプが良いのかを決めておく必要があるのです。

キツ系オナホの中にはハードタイプが多い傾向にあり、事前に確認しておかなければ、利用者がソフトタイプを想像していた場合に、間違った硬度のオナホを購入してしまいます。

ソフトやハードといった記載がない場合には、弾力性や使用されている素材の種類を把握しておきましょう。以上に加えて、素材の伸縮性も一緒にチェックできるのがベストです。

きつい感じがしても素材が伸びればペニスが圧迫されすぎることがなく、形に合わせてくれます。キツさの中に伸縮性を求めることで、陰茎の太さに対応しやすいのです。

入り口や内部の締め付け具合

オナホは製品によって、キツくする部分とそうでない部分を作り、変化を楽しむというスタンスを取ります。つまり、選んだオナホがどういう性能を持っていて、どの部分を締め付けるのか、あらかじめ製品仕様で決めているということです。

処女や妹・ロリ系のマンコのようなキツ系オナホを好む方は、入り口や内部の締めつけ感を重視します。「挿入する穴はきつくなっているか」、「十分な締めつけ感は得られるのか」などを製品情報の仕様説明や口コミなどから確認するのです。

もちろん、今回紹介するキツ系オナホ10選は、ペニスが大きい人にとっては、通常のオナホでも十分にきついという人はいるため、ペニスが通常サイズに収まる人が参考になる情報というのが前提です。この点を考慮したうえで、キツ系オナホの実際の締め付け具合をチェックしましょう。

内部構造(刺激の強さやギミック)

締め付けの快感が得られるのは、本体がペニスを圧迫する力だけでなく、内部構造とも深い関係があります。突起物や膣道の構造・形状などがキツ系オナホとしてどのような刺激を与えるのかで性能が決まってくるのです。

例えばチェックしておきたい箇所として、無次元加工かどうか、イボやヒダの形状や配置はどうか、膣道の線形はどうなっているか、子宮口や奥の作りにギミックがあるかなどです。

無次元ならばマンコのリアルな締めつけ感を味わえますし、イボやヒダがどのくらい主張の強い刺激を与えるのかでゾリゾリ感やじわじわとした快感など製品ごとに変化が生じます。

キツ系オナホおすすめ10選!

キツ系オナホは、通常のオナホやゆる系オナホに比べて、ソフトやハードの判別、サイズ感や内部構造など複数のチェック項目があり、商品説明だけでは見極めが難しい傾向にあります。

一見すると同じようなキツ系オナホでも、「硬さが異なる」、「サイズが違う」などの差があるのです。ここでは、上記で紹介した選び方の項目を網羅したうえで、おすすめのキツ系オナホ10選を詳しく紹介します。

【純潔注意】すじまん くぱぁ ろりんこ 処女宮~バルゴ~

マジックアイズの「すじまん くぱぁ ろりんこ」を一回り大きくしたキツ系オナホが「【純潔注意】すじまん くぱぁ ろりんこ 処女宮~バルゴ~」です。

スケールは幅8cm、全長16cm、膣道の長さ14cmのハンディ型や据え置き型として両方に使える特殊なサイズ感の製品です。重量は900gで前作の450gから倍近くになっており、肉厚感も2倍に増量しています。

内部設計は、処女特有のキツさを再現し、入り口を狭く中もキュッと締まる構造をしています。例えば、ワレメの奥に処女膜となる「環状 純潔膜」(直径3cm)を配置し、奥には子宮口のぷりぷりなヒダ膜「処女宮(バルゴ)」が付くことです。

穴の締り具合や内部の「数の子天井」のような名器の突起物が刺激を与えてくれます。特に入り口のワレメは「ぴったりんこ」というスジマンの完璧な線を形成し、ロリ系処女マンコの外観を想起させるのです。

そして、内側の粘膜層には、ぷりぷりな感触の少し硬めな膣壁を使っています。奥に行くほど膣壁の粘膜層は未熟になっていく仕様です。新素材のふわふわな感触とモリマンに、内部の締め付けを強調する適度な膣壁の硬さ、さらに入り口から遠くなるほど締付けが強めの刺激など、これらの快感でペニスを適度に圧迫します。

溝口リンコの名前等が入った婚姻届(2.5次元)付きで、価格は3,700円前後です。

初々しい妹 キツ穴edition

トイズハートの「初々しい妹」を新たにキツ穴バージョンとして進化した妹系のキツ系オナホが「初々しい妹 キツ穴edition」です。

肉厚タイプのぷりぷりな感触でありながら、内部が狭い設計になっています。まず、重量375gで幅7cm、全長14.5cmを本体とし、通り道のキツさ(膣道の最狭部4mm)です。これを中心に、膣道の長さ11cmの未熟なロリ系妹の膣を再現しています。

膣壁は少し硬めのハード素材を使用しており、「初々しい妹」よりもキツさに磨きをかけているでしょう。素材が硬めではあるものの、その伸縮性により縦に引っ張れば伸び、ペニスに合わせて形状を変化させられます。

腟内でペニスを包み込んで、優しい刺激の中できつく絞るイメージです。突起物の刺激より狭いことによるキツさを体感できるように設計しているため、余計なギミックは少なく、ピストンのこすれる刺激が特徴です。

キツ穴とする過程で螺旋ヒダの排除とねじり刺激がなくなったわけです。非貫通の最奥部がゴールとして亀頭に到達するよう設計されています。価格は3,300~3,900円ほどです。

ナースのギチギチ挿入感 ハード

ドチっ娘ナースのパッケージと半透明素材を使ったハードで高刺激な製品本体にしたRIDE JAPANのキツ系オナホとして知られるのが「ナースのギチギチ挿入感 ハード」です。

本体は重量355gの標準より少し重めで、最大幅75cmの全長18cm(膣道の長さ15cm)というロングタイプのオナホです。その長さでペニス全体を包み込めるよう設計されています。そのうえで素材が弾力性を生かしたギチギチなハードタイプとなっていることです。

ボディは肉厚にしているため、均等な筒状ではなく、イチジクのような丸みを帯びたフォルムが特徴です。正面からの外観は、小陰茎が大きめに造形されています。

ハードでありながら引っ張ると伸びる伸縮素材を採用し、ペニスを縦横無尽に責め立てます。さらに内部は6本の太いヒダがあり、入口付近から奥に行くにつれて中・小・極小の横ヒダが通っています。

肉ヒダが締め付けることでソリッドの快感やバキュームによる圧迫感と合わさってペニスをギチギチに擦れさせるのです。「ぬっほりローション」が付属して価格は1,500~1,800円ほどです。

転校生

トイズハートが生んだ女子高生風のオナホ「初登校」から続編で登場したキツ系オナホが「転校生」です。

本体サイズは全長14cm(膣道の長さ12cm)の幅約6cm、重量250gです。挿入口は入れやすいようにワレメが若干開いており、ベビースキンともちふわな素材がモリマンとして使われています。

内部は丸いヒダとイボが刺激を加え、膣壁が螺旋を描いており、絞り込むようにペニスを圧迫します。入口からすぐのところは肉癖をかき分けるように挿入し、中程でギュッと締め付け、最奥はイボでのグリグリが待っています。

注目すべきは「3Dダブルスパイラル」という螺旋構造を生かしたリアルな挿入感です。キツ系オナホとしては、素材の弾力性が高く、ペニスを四方から圧迫します。

伸縮性もそれなりにありますが、十分に勃起していないと内部には入らないほどのギチギチ感です。本物に近い膣圧をオナニーでも感じられるでしょう。価格は1,600~2,000円ほどです。

ヴァージンエイジ~入学~

ロリ系処女マンコをイメージしたトイズハートのキツ系オナホが「ヴァージンエイジ~入学~」です。

肉厚な製品として幅6.5cm、全長13cm、膣道の長さ11cmで重量240gの幼さがあるマンコを再現しています。

くぱぁと広がる入り口に、未熟な内部の膣道は極細の内径です。自分の手でペニスのサイズに開拓する楽しさも得られます。内部設計は刺激が少ない凸凹控えめの未熟な処女マンコで中は「窮屈」というロリ系ならではの特徴があります。

素材には高品質なものが使われており、耐久度が高く硬度も自在で無臭です。舐めても安全な素材のため安心して使用できるでしょう。価格は1,300~2,000円です。

ロリCQ2

RIDE JAPANのロリ系キャラクターを形にしたオナホ「ロォリCQ」の次弾(改良版)として登場したキツ系オナホが「ロリCQ2」です。

本体は最大幅7.5cm、全長17cmで内部の膣道の長さが15cmのロングホールが特徴です。ボディは重量350gのツルツルな芋虫型のフォルムです。胴体部に肉の段差があり、持ちやすさにも気を使っています。入り口は広く穴も見えるため挿入しやすいのも魅力です。

内部は、入り口すぐのイボに中盤のヒダで刺激を与え、奥のイボと子宮口(CQ)のキュプッとした感触の出し入れする快感を得られます。

特に「ロォリCQ」の改良点となっている子宮口(CQ)部分は、ダブルの構造になっていることです。素材は伸縮性があり、高弾力素材も使用されているため、適度な硬さと柔らかさの間でギチギチ感を堪能できるでしょう。

ねっとりなスティックローションが付いて、価格は1,600~1,900円です。

激狭まんキツSTREAM

狭さを追求したRIDE JAPANによる高品質で低価格なキツ系オナホが「激狭まんキツSTREAM」です。膣道の狭さを追求したわずか3mmの内径に最大幅6cm、全長15.5cm、膣道の長さ14cmの平均的なサイズ感です。重量は240gのスタンダードな形状をしたハンディオナホといえます。

狭さを追求し、内部構造には螺旋につぐ螺旋と肉感スラロームで膣壁が圧迫し、浅いヒダでも十分にペニスを刺激して快感を高めます。入り口周辺は広く、穴の箇所は狭いという設定を踏襲しつつ、内部は単純な作りでありながらキツ系オナホの特徴を体現しています。

素材には「バンジータッチ」という高伸縮の高弾力素材が使われており、ギュッと締め付ける感触にギチギチ感をしっかり再現してくれます。ハードタイプではないため、適度な柔らかさもペニスを優しく包み込んでくれるでしょう。価格は1,000円台を切るショップもあるほど格安な1000円前後です。

狭穴注意

トイズハートの幼女風キャラクターを意識したパッケージが特徴のキツ系オナホが「狭穴注意」です。

ロリ系マンコをイメージした、幅3.6cm、全長9.5cm、膣道の長さ8.5cm、重量がわずか80gのオナホ本体で幼さを再現しています。上記のスケールだけでも十分に狭くてキツイのがわかるうえに、小さくて細かい未熟なヒダを配置することで、ロリ系マンコの未発達な膣内とギチギチさを体感することが可能です。

2014年発売当時は他に類のない狭さと高刺激で人気を集め、キツ系オナホの最高峰にも位置づけられています。素材はハードタイプの硬めです。

大きなイボはなく、ヒダと膣壁の圧迫感に焦点を当て、とにかくペニスを刺激する狭穴の仕様が魅力でしょう。価格はハンディの小~中型オナホでは珍しい1,000円を下回る900円ほどです。

こちら布袋駅前 つるぺたガール研究所

ツルペタなロリ系少女「柊アリステル」をパッケージとしたキツ系オナホが「こちら布袋駅前 つるぺたガール研究所」です。

サイズ感は成長途中を意識した全長12cmの256gという小さめのオナホです。手で握る部分が胴体となっており、ツルペタのボディをそのまま再現しています。入り口はとても小さく狭いため、挿入感のぎっちり感に加え、ローションが漏れにくい設計です。

膣道は入り口から奥に行くほど狭くなり、途中で押し込まないとペニスが入らないような激狭な箇所が用意されています。終盤はイボを広い空間のスペースで配置し、最後はキュッとしまった奥の狭い道を亀頭で広げるような快感が得られます。

素材は弾力性があり、内部の粘膜素材と2層構造になっており、素材の硬さと柔らかさがダブルでペニスを絞るのが魅力です。2次元イラストを忠実に3次元へと作り上げたからこその仕上がりといえるでしょう。ローション付属で価格は2,000円前後です。

ギッチギチとろりっち

マジックアイズのふわとろなゆる系オナホ「とろりっち」からギチギチ感を高めた新バージョンとして2021年に登場したばかりのキツ系オナホが「ギッチギチとろりっち」です。サイズは幅8.5cm、全長15cm、膣道の長さ13.5cmの少し大きめの本体です。

特徴はふにふにな重量450gある肉厚ボディと柔らかい入り口に硬い膣奥とインナー粘膜素材という3層構造が挙げられます。これは、本来矛盾するソフトとハードタイプ素材を1:3で配分し、入り口の穴周辺は柔らかさを維持したまま、ギチギチハードな内部も実現しています。

入り口の穴もロリ系処女を示す純潔膜が付いています。そして外観は、ロリ系を表現したプニッと柔らかい肉付きの幼さが目立つ印象のフォルムです。真っ平らではなくポテ腹になっているロリ系ユーザーにとって魅力ある見た目の製品です。価格は2,300~2,600円です。

キツ系オナホを使うときの注意点…怪我に気をつけて!

使用時に気をつけたいのが、キツ系オナホ特有の怪我やトラブルです。ここではキツ系オナホで起こりやすい怪我やそれを防止するための注意点を解説します。

無理にねじ込むと怪我の心配がある

キツ系オナホは、ペニスを圧迫する少々強めの刺激があります。そのため、無理にねじ込もうとすると、怪我する可能性があるのです。特に包茎で普段から亀頭を外に出して刺激に慣れていない人は要注意です。

亀頭の皮膚が柔らかくなっており、締め付けだけで皮膚が切れたり、痛みが生じたりするのです。また、異物がオナホ内部に間違って入ってしまったときに、キツ系オナホは気にせず挿入すると圧迫されてペニス表面を怪我してしまうことも十分に考えられます。

キツ系オナホを使うときは、内部に何もないことを先に確認し、無理に素早くねじ込むのではなく、ゆっくり入れてサイズ感を確かめながら初挿入するようにしましょう。

長時間の使用に向かない

短時間で抜くことを目的に締め付けを強くしているキツ系オナホは、ゆる系と違い長い時間使うようには設計されていません。そのため、注意点として特にハードタイプのキツ系オナホを使うときは、15分程度を使用時間の目安にすることです。

キツくて硬いオナホールを長時間使っていると、ペニスが圧迫され、血流が滞ります。その時間が長すぎるとペニスの細胞はうっ血してやがて壊死してしまい、取り返しがつかなくなります。

特に青くなってきたり痛みが出始めたりしたときは、すぐにでも使用を中止することです。ところが、オナホは内部がフォルムのピンク色で見えないケースも多いため、ペニスの変化がわかりにくいことが挙げられます。なるべく時間に制限を付けて、必ず一度はペニスをオナホから外すようにしましょう。

ペニスが大きいと圧迫感が不快に

最後に、一部のペニスが大きい人がキツ系オナホを使うことで「まったく気持ちよくなれない」ことです。

本来、キツ系オナホは狭さによってギチギチな感触を得られるように設計されているものです。しかし、通常よりもペニスが大きすぎると、縛り付けたような強力な圧迫感とともに痛みで不快な印象だけが残ります。

人よりペニスが大きいと少しでも感じる方は、キツ系オナホのサイズに気をつけて選ぶ必要があるでしょう。

まとめ

キツ系オナホは、ペニスを締め付ける独特の快感を味わえるロリ・妹系に多い製品です。特に単純な硬度のみでペニスを圧迫するのではなく、ギチギチ感を堪能できる未熟な膣内の狭さや未発達な突起物などを再現することが、クオリティの高いキツ系オナホには求められます。

選び方のポイントでお伝えしたサイズ感や素材の特徴、内部設計などを参考にベストなものを選択しましょう。ただし、キツ系オナホの使用時には注意点もあるため、怪我をしない配慮も必要です。

以上を踏まえて自分にあったキツ系オナホを選びましょう。