誰にもバレないオナホの買い方!未成年でも安心して買える?

「オナホを通販で購入したら家族にバレた」、「店でオナホを買ったら知り合いに見られた」など、オナホのようにアダルトグッズを買う際は個人情報やプライバシーなどを含めて慎重に購入先や手段を選ぶ必要があります。

ここでは、オナホのバレない買い方について、購入手段のメリット・デメリットや注意点などを踏まえて紹介します。

オナホの購入手段は次の3つ

オナホを購入するとき、取り扱い店舗や通販を探すことになります。そして、オナホの購入手段はネット通販、実店舗、代理購入の3つが代表的です。ここでは、それぞれのメリットやデメリットについて説明します。

ネット通販で買う

オナホの購入手段としてよく使われるのがネット通販です。最近では、アダルトグッズ専門のネット通販も増えており、総合通販などを含めてさまざまなところで安くオナホを購入できます。

ネット通販で買うメリットは、自宅に居ながらオンライン環境でスマホやパソコン1台あればオナホが買えてしまうことです。

そして、オナホを購入した事実を周囲に知られないことも大きなメリットです。配達業者にも実質的にオナホであることは伏せられるため、その人がオナホを買ったことを知るのはECの購入対応をするカスタマーのみです。

一方、デメリットとして、通販はオナホ商品を試しに見聞することができないため、写真や説明書をつい頼ってしまうことです。

実際に手で取って触ったり見たりできないために、イメージと違うオナホを購入して返品するケースもあります。

また、通販では商品を届けるのに宅配業者を経由するため、送料がかかる場合があります。

特に一定金額(3,000円)以上の購入など無料にする表記のある場合、1,000~2,000円台のオナホを1個購入しただけでは(Amazon等の大手モール店を除いて)送料がかかります。

実店舗で買う(量販店や専門店など)

オナホは、通販で買う人が増えてはいますが、近くに専門店がある場合や普段から実店舗を利用している人も珍しくありません。実店舗で買うメリットは、通販とは逆に、直接実物を見て探せる点です。

おすすめのオナホグッズなどもアダルトグッズ専門店では紹介されているなど、商品によって表示の強弱があり、実物はパソコン画面からはわからない魅力などが伝わります。

反対にデメリットは、オナホを買ったことを店員や周囲に知られることです。通販では購入を秘匿していますが、実店舗では商品選びからレジの会計まで自分で商品を探して対面式のレジで顔を晒して買う必要があります。

ただし、アダルトグッズ専門ショップでは店員との間に仕切りがあるケースもあります。もちろん、普通の店ではそれもないため、プライバシー的にオナホを購入した人と思われることに抵抗感がある人は、実店舗を避ける傾向にあります。

先輩や友人にお願いして代わりに買ってもらう

オナホ購入の特殊なケースとして、先輩や友人にお願いして代理で買ってもらうこともあります。この方法のメリットは、自分で足を運ばなくても買えることや店員と対面しなくて済むことです。

一方で、デメリットは先輩や友人にどんなオナホを買ったかまでバレてしまうことです。そういうのを恥ずかしいと感じる方もいるでしょう。

また、この方法を利用するにはオナホに理解があり、気軽に頼める先輩や友人が必要という点です。普通の友人関係ではなく、アダルトグッズの代理購入を頼むというのはかなり親密か、アダルト系専門の友達でなければ頼めないでしょう。

誰にもバレないオナホの買い方

オナホを販売している大手モールの通販では、さまざまな購入者に対応することで培った経験値があり、誰でも気軽に注文することができます。そこで、Amazon等で買うときの手順について説明します。

ネット通販で注文する

まずは欲しいオナホを公式のページ(Amazon等)から探します。検索やオナホジャンルのページを探して、目的の商品個別ページを開き、カートに入れます。購入する場合、ワンクリック購入ではなく、必ず支払い方法の選べるカート経由でレジに進みましょう。

支払いはプリカ払い(またはAmazonギフト券)にする

レジに進むと、支払い方法を指定できるページが開きます。このとき、プリカ払い(またはAmazonギフト券)にするための項目選択をします。

そのためには、普段からAmazonで買い物する人はクレジットカードなどに設定されているため、「お支払い方法」の変更ボタンから「コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払い」を選択し直して、支払い方法を適用します。

購入を確定させるとメールアドレスに支払い用のURLが届くので、そこからプリカ払いを選択しましょう。

配達はコンビニ受取にする

注文を確定させる前に受け取り方法を選ぶことができます。近くのコンビニを指定するだけです。主に「受取スポット」として注文時に設定するようになっており、「ローソン」、「ファミリーマート」、「ミニストップ」などを選ぶことができます。

後は、受取番号と指定の方法で商品をコンビニから受け取るだけです。本人確認なども必要なく、中身を知られることもありません。

未成年でもオナホが買える?個人情報不要のNLSがヤバい

NLSの場合、最大の特徴は最低限の個人情報のみで買えることです。

オナホ購入時の流れとしては、商品を選んでカートに入れたら、「ゲストとして注文する」からパス入力などをして「住所を入力せずに受け取る」でコンビニ受け取りをします。

名前や電話番号は注文時に必要ですが、それ以外の情報が特に必要ありません。「送り状記載商品名」や「気遣いシール」などアダルトショップ専門店の気遣いも見受けられます。

後は支払い方法を決めて、コンビニで受け取るだけです。そして、NLSはページ最初の「18歳以上」の項目さえクリアすれば未成年でもオナホを購入することが可能です。

バレずにオナホを買うときの注意点

周囲や家族、親にオナホとはバレずに購入するにはどのような点に注意が必要でしょうか。

クレカやスマホ決済は履歴が残る

まず、家族に知られないために気をつけたいのが履歴です。クレジットカードやスマホには購入の履歴が残るため、カード明細書を家族が見たり、スマホの履歴を見られたりするとオナホを買ったことがバレてしまいます。

大手モールでの購入であれば明細書からバレることはありませんが、スマホの履歴では検索や個別ページがあるため、画面表示からオナホを購入したことがバレてしまいます。

また、アダルトショップ専門店では明細書からも何かアダルトグッズを購入したことはバレます。明細書はデジタル化によるペーパレス設定をするとバレるリスクを減らせます。スマホはこまめに履歴を消すことで対処可能です。

そして、通販のユーザーページはパスワードを含めて家族で共有しないようにします。履歴は消せても直近購入の商品などは表示されてしまうため念の為です。

代引きは手数料がかかる

オナホだけではありませんが、買うときに注意したい項目として「代引き」が挙げられます。基本的に代引きの手数料は利用者が負担することになっており、受取時に支払いが発生します。宅配など配送日を指定するなどして支払準備を進めておくのが良いでしょう。

配送先は自宅以外にすること

宅配物は本人以外でも家族が受け取れてしまうため、配送先は自宅以外にすることに注意が必要です。自宅以外でおすすめなのはコンビニや宅配営業所です。

下手に勤務先に送ってしまうとバレたときに、職場に居づらくなる可能性もあるため避けましょう。NLSを利用して個人情報を最小限に注文したいときはコンビニが手っ取り早いです。

店舗に行くときは服装や場所に気をつける

例えば、制服姿では未成年としてオナホ購入はシャットアウトされるため、ドラッグストアや大手量販店では必ず、大人っぽい私服を選びます。服装さえしっかりしていれば未成年と疑われることはありません。

加えて、家から近場ではなく、少し離れたところで近所の知り合いがいかない店を選ぶことも重要です。下手にオナホを近場で買って誰かに見られたら気まずいことにもなりかねません。

アダルトショップ専門店では、入る目的も限られているため、近場でもそうそう知り合いがいることは少ないですが、一応購入前に客層をチェックしておくのがおすすめです。

オナホが届く前に考えておきたいこと

オナホを購入したら、届く前に考えておきたいことがいくつかあります。オナホはオナニーとして使うために、さまざまな事前知識を必要とします。

特に使用前後の処理についてや保存箇所などは最優先で考えたいところです。ここでは、保存場所、手入れ、処分方法についてお伝えします。

保管場所(隠し場所)は作っておく

オナホが届く前に第一に考えておきたいのが保管場所(隠し場所)です。家族(妻や親・女姉妹など)にバレないような場所をピックアップし、届いたらそこに配置するようにするのです。

例えば、収納棚やベッドの下は定番です。逆に机の引き出しの中は、漁られたら一発でバレるのでおすすめしません。できるなら、複数のダンボールを積んでその中の1つに入れてしまえば、下手に探られることがないため、偽装しやすいといえるでしょう。

お手入れ方法を調べておく

オナホは買って使ったらそれで終わりの使い切りとして購入する人は珍しく、繰り返し使用するために使った後にメンテナンスをする必要があります。そのため、購入して届くまでの間に、お手入れ方法をリサーチしておくことです。

中途半端に使ったオナホを放置するとカビが生えたり異臭がしたりで再び使えなくなります。そうでなくても樹脂が漏れるため、寿命が短くなって壊れやすくなるのです。適度なお手入れをしてこそオナホは安全に長く使い続けられるのです。

処分方法を頭に入れておく

オナホはずっと使い続けることはできず、いずれは新たなオナホを購入して、古いものは処分することになります。そのため、オナホの処分方法を頭に入れて、いざというときはその方法で捨てるのです。

特に使い捨てタイプのオナホは1回きり(多くても2~3回)で捨てるため、手入れの方法と同時に、処分方法も知っておく必要があるでしょう。

まとめ

今回は、オナホの買い方について購入手段のメリット・デメリットや誰にもバレない買い方、購入時の注意点など幅広く紹介しました。

特にNLSでは未成年でも安心して買える購入方法が使えるなど、アダルトグッズ購入時の個人情報を提供する抵抗感が少なく、最小限の情報でオナホを入手できることがわかったでしょう。

また、商品が届く前に、オナホを受け取ることを考えるだけでなく、保管、メンテナンスや処分方法などさまざまなことを考えて必要な情報を収集しておくことがベストです。